FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロリポップでムーバブルタイプをアップデート

ロリポップ!から以下のようなメールが来た

この度、「Movable Type」に関して、脆弱性の報告がございました。

脆弱性に対しては「Movable Type」の提供元である「Six Apart」様でも
最新の 「Movable Type 4.23」への移行が推奨されていますので、
以下「Six Apart」様提供のインフォメーションをご参考にアップデートの
ご対応を行って頂きますようお願いします。

どうやらムーバブルタイプをアップデートしてくれということらしい。
しかし、これがおっかなびっくりだし手間よな。
せっかく作ったシステムをもう一度壊れるかもしれない危険にさらす羽目になる。
しかもアップデートに失敗してしまったら元も子もない。
ストレスだ。

が、がんばってやってみた。
これで何回目かのアップデートでロリポップ!でのムーバブルタイプのやり方がようやくやり方がわかった。

1、まず、古いムーバブルタイプの内容のバックアップをとる。

2、ムーバブルタイプを設置しているのとは別名のフォルダに新しいムーバブルタイプをアップロードする。これが時間がかかるので手間だ。FTTPを使っていると時々アップロードされないファイルが出てくるので、ちゃんとすべてのファイルがアップロードされるように気をつけなければいけない。

3、cgiのパラペーターを700に変える。

4、以前のムーバブルタイプから引き継ぐべき部品をダウンロードして、新しいMTフォルダに上書き、もしくはアップロードする。
config.cgiとmt-static/supportとplaginの3つのところに引き継ぐべき内容は入っている。

5、ロリポップ!のFTPにログインして古いムーバブルタイプ内のsqlitedbというファイルをダウンロードして、新しいムーバブルタイプのフォルダにアップロードする。

6、古いムーバブルタイプの名前を適当なものに変更。

7、新しいムーバブルタイプの設置したフォルダ名を古いムーバブルタイプのフォルダ名に変更。

8、ムーバブルタイプにアクセスするとアップデートされる。

これがリスクの少ないやり方だと思う。
ポイントはsqlitedbというファイルをダウンロードしてきて、新しいところにぶち込む事だ。
これで、以前の環境がすべて残ったままムーバブルタイプがアップデートできる。
ロリポップのperlがバージョンアップされてムーバブルタイプのバックアップが取れるようになったのは大きい。
ロリポップ!なら初心者でも安心!

ホームページ簡単作成 「ホムペロリ!」、「woopa!」

CGI簡単設置 「CGI CANDYBOX!」が無料で使えます!!

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レンタルサーバでの失敗

レンタルサーバを借りる場合には、色々とポイントがあります。例えば、動的な言語を使うか、使わないか。言語によっては使える環境が整っていない場合があるのはもちろんですが、バージョンが違ったり、設定がいじれなかったりして面倒な場合がありますよね。色々考えると...
月別アーカイブ
あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。